うし【憂し】:古文単語の意味

うしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

うし【憂し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:ク活用

レベル

基礎

意味

  1. つらい
  2. いやだ

例文

[古]身のうきも人のつらきも知りぬるをこは誰か誰を恋ふるなるらん
[訳]自分がつらいことも相手が薄情なことも分かったのに、これはいったいだれがだれを恋しているからなのだろうか
出典:和泉式部集 五五八

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク