こころぐるし【心苦し】:古文単語の意味

こころぐるしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

こころぐるし【心苦し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:シク活用

レベル

基礎

意味

  1. 気の毒だ
  2. 気がかりだ

例文

[古]女宮ものし給ふめるあたりにかかる人生ひ出でて、こころぐるしきこと誰がためにもありなむかし
[訳]姫宮(=女一の宮)がいらっしゃる近くに(幼児なのに非凡な)こんな人(=薫)が生まれ出て、(恋愛事件のような)気がかりなことがだれにとってもきっと起こってくるだろうよ
出典:源氏物語 横笛

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク