しろしめす:古文単語の意味

しろしめすの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

しろしめす:古文単語の意味

品詞

動詞:サ行四段活用(敬語)

レベル

基礎

意味

  1. 知っていらっしゃる
  2. お治めになる

例文

[古]今、すべらぎの、天の下しろしめすこと、四つの時、九のかへりになむ、なりぬる
[訳]今の天皇が、天下をお治めになることは、四季が、九回過ぎた(=九年たった)、のだった
出典:古今和歌集 仮名序

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク