おきつ【掟つ】:古文単語の意味

おきつの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

おきつ【掟つ】:古文単語の意味

品詞

動詞:タ行下二段活用

レベル

基礎

意味

  1. 指図する
  2. 決めておく

例文

[古]高名の木のぼりといひしをのこ、人をおきて、高き木にのぼせて梢を切らせしに
[訳]有名な木のぼりだと評判だった男が、人を指図して、高い木にのぼらせてこずえを切らせたときに
出典:徒然草 一〇九

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク