あらまほし【有らまほし】:古文単語の意味

あらまほしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

あらまほし【有らまほし】:古文単語の意味

品詞

形容詞 シク活用

レベル

基礎

意味

  1. 望ましい・あってほしい

例文

[古]少しのことにも、先達にはあらまほしきことなり
[訳]ちょっとしたことにも、その道の先導役はあってほしいことである
出典:徒然草 五二

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク