まほなり:古文単語の意味

まほなりの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

まほなり:古文単語の意味

品詞

形容動詞:ナリ活用

レベル

基礎

意味

  1. 完全である

例文

[古]草の手に仮名の所どころに書きまぜて、まほのくはしき日記にはあらず
[訳](光源氏の日記は)草書に仮名をところどころにまぜて、完全なくわしい漢文の日記ではない
出典:源氏物語 絵合

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク