かこちがほ【託ち顔】:古文単語の意味

かこちがほの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

かこちがほ【託ち顔】:古文単語の意味

品詞

形容動詞:ナリ活用(名詞)

レベル

応用

意味

  1. 恨めしそうな顔
  2. 恨みがましく

例文

[古]嘆けとて月やは物を思はするかこちがほなるわが涙か
[訳]嘆けと言って、月は私にもの思いをさせるのだろうか。恋のためなのだが、まるで月のせいだともいうかのように、恨みがましく流れ落ちる私の涙よ
出典:千載和歌集 恋五 九二九

参考

マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク