ありつる:古文単語の意味

ありつるの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

ありつる:古文単語の意味

品詞

連体詞

レベル

発展

意味

  1. 先ほどの

例文

[古]御前に参りて、ありつるやう啓すれば
[訳](中宮定子の)御前に参って、先ほどのようすを申し上げると
出典:枕草子 大進生昌が家に

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク