さればよ【然ればよ】:古文単語の意味

さればよの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

さればよ【然ればよ】:古文単語の意味

品詞

連語

レベル

発展

意味

  1. 思った通りだ
  2. 案の定

例文

[古]さればこそ。異物の皮なりけり
[訳]思ったとおりだ。(火鼠とは)別物の皮だったのだなあ
出典:竹取物語 火鼠の皮衣

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク