おほどかなり:古文単語の意味

おほどかなりの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

おほどかなり:古文単語の意味

品詞

形容動詞:ナリ活用

レベル

応用

意味

  1. おっとりしている

例文

[古]ただ打ち泣き給へるさま、おほどかにらうたげなり
[訳](落葉の宮が)ただお泣きになっていらっしゃるようすは、おっとりしていて可憐だ
出典:源氏物語 夕霧

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク