うけたまはる【承る】:古文単語の意味

うけたまはるの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

うけたまはる【承る】:古文単語の意味

品詞

動詞:ラ行四段活用(敬語)

レベル

基礎

意味

  1. お受けする・いただく
  2. お聞きする

例文

[古]かしこき仰せ言をたびたびうけたまはりながら、みづからはえなむ思ひ給へ立つまじさ
[訳](桐壺の帝の)おそれ多いお言葉をたびたびいただきながら、私自身は(参内することを)思い立たせていただくことができそうもありません
出典:源氏物語 桐壺

参考

桐原書店「重要古文単語」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク