こはし【強し】:古文単語の意味

こはしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

こはし【強し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:ク活用

レベル

基礎

意味

  1. 強い

例文

[古]廻鶻国とて、夷の、こはき国あり
[訳]廻鶻国(=ウイグル族の国)といって、未開の異民族の、強い国がある
出典:徒然草 二一四

参考

マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク