さる【然る】:古文単語の意味

さるの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

さる【然る】:古文単語の意味

品詞

連体詞

レベル

応用

意味

  1. そのような
  2. しかるべき

例文

[古]子産むべき人の、そのほど過ぐるまでさる気色もなき
[訳]子を産むことになっている人が、その(=出産する予定の)ころを過ぎるまでそのような兆候がない(のはじれったい)
出典:枕草子 心もとなきもの

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク