かづく【潜く】:古文単語の意味

かづくの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

かづく【潜く】:古文単語の意味

品詞

動詞:カ行四段活用

レベル

応用

意味

  1. 潜る

例文

[古]かづけどもかづけども、月おぼろげにて見えざりけり
[訳](水中に身投げした小宰相を捜すために)もぐってももぐっても、月がぼんやりとかすんでいて見えなかった
出典:平家物語 九 小宰相身投  

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク