さり【然り】:古文単語の意味

さりの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

さり【然り】:古文単語の意味

品詞

動詞:ラ行変格活用

レベル

基礎

意味

  1. そうである

例文

[古]『あはれ、さるめり』と思ひながら
[訳]『ああ、そうであるようだ』と思いながら
出典:徒然草 一九四

参考

マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク