こころにくし【心憎し】:古文単語の意味

こころにくしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

こころにくし【心憎し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:ク活用

レベル

基礎

意味

  1. 奥ゆかしい

例文

[古] 忍びやかに、こころにくき限りの女房四五人さぶらはせ給ひて
[訳](桐壺の帝は)ひっそりと、奥ゆかしい女房だけを四、五人をおそばに仕えさせなさって
出典:源氏物語 桐壺

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク