かつ【且つ】:古文単語の意味

かつの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

かつ【且つ】:文単語の意味

品詞

副詞

レベル

基礎

意味

  1. 一方では
  2. すぐに

例文

[古]よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし
[訳]水のよどんだ所に浮かぶ泡は、一方では消え一方では生じて、長くとどまっている例はない
出典:方丈記

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク