ここら・そこら:古文単語の意味

ここら・そこらの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

ここら・そこら:古文単語の意味

品詞

副詞

レベル

基礎

意味

  1. たくさん・数多く
  2. たいそう

例文

[古]ここら船に乗りてまかり歩くに、まだ、かくわびしき目を見ず
[訳]数多く船に乗ってあちこち参りましたが、これまで、このような苦しい目にあったことはありません
出典:竹取物語 竜の頸の玉

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク