おまへ【御前】:古文単語の意味

おまへの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

おまへ【御前】:古文単語の意味

品詞

名詞

レベル

基礎

意味

  1. (神仏や貴人の)お側
  2. (貴人の敬称または貴人その人)

例文

[古]あながちにおまへ去らずもてなさせ給ひしほどに
[訳](桐壺の帝が桐壺の更衣を)無理やりおそば近くから離さないでお扱いになられた間に
出典:源氏物語 桐壺

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク