「伊勢物語:つひにゆく道」3分で理解できる予習用要点整理

「伊勢物語:つひにゆく道」の要点とは

  • 病気にかかり、死にかけている男の心情が描かれている

「伊勢物語:つひにゆく道」の登場人物

  • 病気にかかった男

「伊勢物語:つひにゆく道」の重要な場面

  • 死にかかった男は、それまで耳にしたことのあった死に対しての実感を抱く

「伊勢物語:つひにゆく道」の内容要約

昔、病気になった男の人がいました。男の人は「死は誰にでもおとずれるものだと聞いていたけれど、自分の生活とは遠く離れたものだと思っていたので、自分にも昨日今日のこととして起こるとは思わなかった」という歌を詠みました。

参考

東京書籍『教科書ガイド精選古典B(古文編)Ⅰ部』

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク