なべて【並べて】:古文単語の意味

なべての古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

なべて【並べて】:古文単語の意味

品詞

副詞

レベル

基礎

意味

  1. 一般に・総じて
  2. 並ひととおり

例文

[古]この法師のみにもあらず、世間の人、なべてこの事あり
[訳]この法師だけでなく、世間の人々には、総じてこれと同じことがある
出典:徒然草 一八八

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文 最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク