せちなり【切なり】:古文単語の意味

せちなりの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

せちなり【切なり】:古文単語の意味

品詞

形容動詞:ナリ活用

レベル

基礎

意味

  1. 切実である・痛切だ
  2. 大切である

例文

[古]嘆きせちなる時も、声を上げて泣くことなし
[訳]悲しみが痛切なときでも、(権勢の人に遠慮して)声をあげて泣くことはない
出典:方丈記

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク