せむかたなし【為む方無し】:古文単語の意味

せむかたなしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

せむかたなし【為む方無し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:ク活用

レベル

応用

意味

  1. どうしようもない

例文

[古]ほど経るままに、せむかたなう悲しうおぼさるるに
[訳](桐壺の行為の死から)時がたつにつれて、(帝は)どうしようもなく悲しいお思いになってしまうので
出典:源氏物語 桐壺

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク