いらへ・さしいらへ:古文単語の意味

いらへ・さしいらへの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

いらへ・さしいらへ:古文単語の意味

品詞

名詞

レベル

応用

意味

  1. 返事
  2. 返答

例文

[古]よろづのことを泣く泣く契りのたまはすれど、御いらへもえ聞こえ給はず
[訳]いろいろなことを(桐壺の帝が)泣きながら約束し仰せられるが、(桐壺の更衣は)ご返事も申し上げることがおできにならない
出典:源氏物語 桐壺

参考

桐原書店「重要古文単語315」
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク