とし【疾し】:古文単語の意味

としの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

とし【疾し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:ク活用

レベル

基礎

意味

  1. 早い

例文

[古]春やとき花や遅きと聞き分かむ鶯だにも鳴かずもあるかな
[訳]春が(来るのが)早いのか花が(咲くのが)遅いのかと(声を)聞いて判断したいと思う(その)うぐいすも鳴かないのだよ
出典:古今和歌集 春上 一〇

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク