めやすし【目安し】:古文単語の意味

めやすしの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

めやすし【目安し】:古文単語の意味

品詞

形容詞:ク活用

レベル

基礎

意味

  1. 感じがよい

例文

[古]髪ゆるやかにいと長く、めやすき人なめり
[訳](若紫の乳母は)髪はゆったりとしてたいそう長く、感じがよい人であるようだ
出典:源氏物語 若紫

参考

桐原書店「重要古文単語315」
マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク