よをすつ【世を捨つ・棄つ】:古文単語の意味

よをすつの古文単語の品詞、レベル、意味、例文の解説になります。

よをすつ【世を捨つ・棄つ】:古文単語の意味

品詞

連語

レベル

基礎

意味

  1. 出家する

例文

[古]かうよをすつるやうにて明かし暮らさすほどに
[訳](私(=光源氏)は)このように出家したように日々を過ごすうちに
出典:源氏物語 若菜 上

参考

マドンナ古文
最新全訳古語辞典 東京書籍 2006年

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク